• ホーム
  • 症例ブログ
  • 10代 女性『八重歯が気になり笑うとき恥ずかしい、歯並びをきれいにしたい』ワイヤー矯正により八重歯・叢生を改善した症例

10代 女性『八重歯が気になり笑うとき恥ずかしい、歯並びをきれいにしたい』ワイヤー矯正により八重歯・叢生を改善した症例

2022.11

治療前

治療後

年齢と性別 10代 女性
ご相談内容 『八重歯が気になって笑うとき恥ずかしい、歯並びをきれいにしたい』とご相談を頂きました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、上あごの骨が発育不足で狭く、そのため左上の八重歯(犬歯/3番)がはみ出すように生えていました。
犬歯は本来、咀嚼運動の際にガイドになる歯であるため、初診時の咬合の状態はその他の歯の負担が大きく、機能的にも問題がありました。
診断名:叢生
行ったご提案・治療内容 抜歯部位:上顎両側4番(第一小臼歯) 左下4番 
口腔筋機能療法(MFT)3回コース
ワイヤー矯正【装置:マルチブラケット装置(表側ワイヤー)】を行いました。

口腔筋機能療法とは【食べる(咀嚼)、飲む(嚥下)、発音、呼吸、舌の位置、口唇の位置などの改善を目的とした各種トレーニングを行い、口腔周囲の筋肉バランスを整える療法】
治療期間 2年(約30回)
おおよその費用 850,000(税別)
術後の経過・現在の様子 定期的なクリーニングと年に一度の矯正医によるチェックを行い現在も後戻りなく良好です。
治療のリスクについて ・矯正治療中は、歯肉退縮・歯根吸収・歯髄壊死が起きる場合があります。
・矯正治療中は、痛みを伴う場合があります。
・矯正治療後、リテーナー装着を怠ると後戻りする可能性があります。
クリニックより しんぽ歯科医院は矯正専門医が在籍しています。
八重歯や歯並びでお悩みはご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら